陸上部の練習
TOPページへ

  

陸上競技のルール

  

腰ゼッケン

  

大会のときに選手がつけるゼッケンは、前と背中だけではありませんでした。

腰にも小さいゼッケンをつけるのです。

これはトラック種目でゴールしたとき判定するためにつけるのでしょうが、このゼッケンをつけ忘れそうになることがありました。

アー! 腰ゼッケン忘れた!

なんて言いながら、慌てて取りに戻ったり、見つからないので書き直したり。

リレーのときはアンカーしかつけてなかったから余計に忘れるんですよね。

ああっ 俺だけゼッケンいるじゃん!忘れてた!なんて言ってる先輩の姿を思い出しました。

次のページへ

陸上競技のルール

  

  

  

陸上競技・運動会の思い出
目次へ戻る