陸上部の練習
TOPページへ

  

陸上競技のルール

  

ハードルが重いです

  

練習のときも試合のときも、ハードルの選手がいれば部員みんなでハードル運びをしました。

何台も用意しなくてはなりませんから。

ハードルって運ぶ時、結構重いんですよね。

ひとつでもズッシリと重みを感じ、運んだ後は腕が軽くなります。

2台同時に運ぶとハーハー息切れしました。

ハードルを運ぶときの持ち方もいろいろあって、人によって違った記憶があります。

大会のとき、ハードルの種目の時間になると、待機していた補助員がドドーッと出てきました。

重いハードルをたくさんコース上に出さなければなりませんが、みんなでやれば準備も早い。

次のページへ

胃カメラ飲んでオエオエ

  

  

陸上競技・運動会の思い出
目次へ戻る