陸上部の練習
TOPページへ

  

陸上競技のルール

  

ゴールにある糸は危険だ

  

運動会のゴール地点って、白いテープがあるじゃないですか。あれがあると、1位でゴールした人は喜びを感じることができますね。

陸上競技場で大会を行う場合は、トラック種目のゴール地点には何もありません。選手たちはそのまま走り抜けていきます。

しかし、私が中学校の頃の地方大会では、短距離のゴールのところに細い糸がありました。

あれは結構危険だと思うのですが。

ゴールしたとき、細い糸が摩擦で腕や首にくいこむんですよね。

私もその糸のせいで腕がミミズみたいに腫れ上がったことがありますし、友人は首にくいこんで痛そうな傷になってました。

思いっきりダッシュしてくる選手の前にするどいピアノ線があるようなもんですから恐いです。

ひまつぶしするには

次のページへ

  

  

  

陸上競技・運動会の思い出
目次へ戻る