昔に戻りたい

  

仕事辞めたいあるある
目次へ

  

憂鬱

仕事辞めたいあるある6

・仕事辞めたいと考えていると仕事の情報より辞める情報を集めてしまう

・転職情報とか、辞め方とか

・情報を集めるものの、行動にはうつせない

・辞めたい辞めたいと思っていると同僚が先に辞めていく

・先を越された、と思う

  

・家族に相談してみる、反応は家庭によってさまざま

・へーそうなんだ好きにすれば?みたいな答え

・もうちょっとがんばってみたら?という答え

・さっさと辞めた方がいいよ、という答え

・別にいいけど生活どうするの?という答え

・ふざけるな、という答え

  

・辞めて後悔した話ってあまり聞かない

・解放感だけ

・辞めた会社のことなど忘れてる人も

  

・辞めたい、と限界を感じる

・そう思ったらもうがんばれない

・気持ちを立て直すのは難しい

  

・いつ辞めればいいのかな

・辞めなきゃ死んでしまうような状況なら今すぐ辞めないと

・いっぱい辞める人がいる年度末あたりにどさくさに紛れて辞めるパターンもある

  

・いつの間にかいなくなる人っているよね

・かなり経ってから、あの人最近見ないよねって気づかれる

・そこで辞めたことが知れるパターン

  

・転勤が決まった時に辞めたくなる

・しかしすでに転勤の準備をしっかりやり始めている

・考える間もなく新しい職場に行っているパターン

  

・いつまでがんばればいい

・どこがゴールなのかわからない

・ゴールが見えないので希望もない

・自分で目標を決めたところがゴールなのだ

・でも達成した後も結局続いていくのならやる気もでんわな

  

・もう考える気力もなくなってしまうこともある

・そのまま仕事休んで長期休暇に入ってしまう人もいる

  

・節約しても節約してもお金が貯まらない

・節約しないとお金は減る一方だし

・一発逆転で夢を見て宝くじを買うも、当たらない

・ギャンブルはもってのほかで余計にお金が無くなる

・いつものため息

  

・休みの日に一日中部屋に閉じこもる

・テレビとか見てるだけ

・日が暮れてくるとため息。

・明日も休みたいなあと思いながらぼーっとする。

・嫌になる

  

・嫌な仕事をしている日々の日記を書く

・思い出したくないことでも書いておく

・仕事辞めてから読み返すと意外に面白い

・当時は辛くても、日記書いておいてよかったなと思う

  

・職場の空気を悪くするのは一体誰か

・悪い空気を出しているのは特定の人だけ

・その人がいないといい空気

・本人は気づいているのだろうか

・職場にとってマイナスとしか思えない人がいる

・いなくなればプラスになることが多すぎる

・とみんなから思われている上司って一体

  

・職場で誰かに何かを聞かれる

・何を言っているのかさっぱりわからんことがある

・でもつっぱねるわけにもいかず一通り聞こうという姿勢をとる

・相槌をうつけど内容はさっぱりわからんというパターン

・どうやら自分の担務と関係ないものらしい。どうりでわからんと思った。担当者誰やねん。

  

・定期的に休むのと、いっぱい働いていっぱい休むのとどっちがいいかなと妄想することがある

・5年一気に無休で仕事した後に2年ずっと休み、とか

  

・時々職場のどこかから怒号が。

・何言ってるか聞こえないけどとにかく嫌な空気になる

・原因が結構しょーもないこと

・まわりの空気も悪くなる

  

・仕事仲間と距離がある

・仕事仲間と壁がある

・仲が悪いわけではないが、ほとんどの人と気を遣い合う関係

・なんかやりにくい

  

・システムのマニュアルとか置いてあるけど、仕事中にじっくり読んでいる暇がない

・家で自習

・休日がつぶれる

  

  

仕事辞めたいあるある
目次へ