昔に戻りたい

  

仕事辞めたいあるある
目次へ

  

憂鬱

仕事辞めたいあるある4

・昼休み寝ておかないと残業が耐えられない

・昼食を食べすぎると午後が眠い

  

・落ち着いて大便ができない

・トイレのために少し席を外している間に誰かが自分を探しに来る

・用を速攻済ませてもにおいが体についていないか心配である

  

・蛍光灯がチカチカしてくるとまたかーい、と思う。

・つけかえる作業が一苦労

・脚立を出すのが面倒

・新しい蛍光灯を落として割ると最悪

  

・よくわからない書類が届く

・どこに回せばいいのか謎

・誰宛なのかちゃんと書いとけ!と思う。

  

・外見ではわからない怪我をする

・膝が痛いとか、首の筋違いとか。

  

・テンションを相当高くしないと仕事ができない

・低いテンションの時は無理矢理上げる

・しかし仕事が終わって帰る頃がテンションマックスになっている。本心には逆らえない。

  

・夜遅くに裏口から誰か入ってくる

・誰だよ不審者か

・駐車場がどーたらこーたら

・関係ないし

   

・出勤途中でうんこを踏む

・そのまま出勤するわけにはいかない

・靴を掃除

・遅刻寸前になる

  

・昼の弁当を買っていこうと思って朝からコンビニへ。

・やけに混んでいてレジに行列が。

・遅刻しそうなので弁当あきらめる

  

・仕事が辞められますように

・仕事から解放されますように

・そんな願い事が真っ先に思い浮かぶ

  

・職場改善のアンケート

・匿名なので本音を書く

・「不満」の嵐

・アンケートに答えたからと言ってその後改善されているのかよくわからない

  

・忘れてしまうと仕事でとんでもなく困るものがある

・ロッカーの鍵とかパスワード書いた手帳とか

  

・後でやっておく、と約束した仕事をすっかり忘れている

・変える間際に思い出して慌てる

・帰り道で思い出して諦める

  

・ノー残業デーとか言われても

・仕事を放っておいても帰れるなら

・むしろフル残業デーとなる

  

・上司から小さい文字が書いてある紙を見せられる

・ごめん、これなんて書いてあるかわかる?老眼で見えない、と言われる。

・かわりに読む。

  

・唯一の心が軽くなる日

・明日は休みだ、うれしいなと。

・その分、日曜日の夜は嫌になる。

  

・休みの日に仕事関係の変なイベントが行われる

・ボランティアですか

・出勤と変わらない

  

・予防に気を使っていても、職場の誰かは必ずインフルエンザになる

・人手が足りなくなる

・結局インフルエンザとは違う疲労でまた誰かが倒れる

・また人手が足りなくなる負の連鎖

  

・時間制限ばかりの仕事って大変

・何を優先して、何を後回しにするかを常に考えて行動する

・後でもいい仕事がたまりすぎて後で結局悲惨なことになる

  

・今日は仕事がきっと楽だろうと思って出勤すると・・・

・やったことのない仕事を課せられる

・油断していた分、一気にパニクる

  

  

仕事辞めたいあるある
目次へ