盲腸の手術
目次へ戻る

ケガや病気を避けるには

  

小指ぐらいの大きさだったらしい

  

私の体験記は子供の頃の思い出ですし、手術が終わった直後の記憶はハッキリとは覚えていません。

ただ、手術で取ったあとの私の盲腸を、私の親はお医者さんに見せてもらったそうです。

手術で取り出した盲腸はきれいなピンク色をしていて小指ぐらいの大きさだったと聞きました。

それがまた普通の人の盲腸よりも長かったらしく、お腹の中でどこかの神経に触っていたみたいですね。

それがお腹が痛い痛いと言っていた原因だったということでした。

私自身は自分の体の中にあったその盲腸を見ていませんが、見ておきたかった気もします。
体に一個しかないですしね。

いや、やっぱり見たくないかな・・・うーん。

  

手術の話

  

盲腸の手術
目次へ戻る