車の免許

運転をビデオに撮る

  

自分の運転をビデオに記録するという授業がありました。

もちろん視点は運転席から見た視点です。

車の中にビデオカメラを設置して、街に走りに出ます。

運転中ずっとビデオを作動させて、教習所に戻ってきてから教室で自分の運転を確認するのです。

先ほど撮影した自分の運転をみながら、ここはこうしたほうが良いなどと反省点を述べる授業。

ビデオで再確認すると、運転中に気づかなかったことに気づいたりします。

また、複数の人数で授業を受けるので、他の人の運転も見ることができました。

ひまつぶしするには

次のページへ

  

  

  

車の免許 のんびり日記
目次へ戻る