車の免許 のんびり日記

  

  
視線が近い

運転に慣れないうちはスピードも出さないのでどうしても視線が近くなってしまいます。

車からすごく近いすぐそこしか見えていません。この状態でスピードを出すと危険だと教わりました。

道の先に信号があったとき、信号の色に気づくのに遅れます。

赤信号の間近まで来てからハッとなって急ブレーキを踏むといったことになってしまいがち。

もっと視野を広げて余裕のある運転をするようにということでした。
そうすれば動きのぎこちなさも自然になくなってくるみたいですね。

今日も勉強になりました。

次のページへ

車の免許のんびり日記 目次へ