交通事故 目撃
交通事故を目撃した時の話 戻る

前を走っている車が・・・

  

私たち家族の車は隣町のお店へ向かうために道路を走っていました。

天気は相変わらず雨が降ったりやんだり。風が強くて車の外はビュービューと音が鳴ってます。

私たちの車は細い一本道をずっと走っており、その前にはもう一台の車が走っていました。

前の車も私たちの車もそれほどスピードも出さず、のんびりと前を走っていました。ただ道に沿って普通に走っていただけです。

  

そのときです!!

  

いきなり前方から一台の車がスピンしながらこちらに向かってきたのです!

そして私たちの前を走っていた車に激突しました。

2台の車がおはじきのようにそれぞれ別の方向にはじき飛ばされ、道路の脇の障害物にぶつかって止まりました。

そして私たちの車は急ブレーキを踏み、なんとか事故に巻き込まれるのを回避しました。

その瞬間に前の車のガラスの破片が雨のようにこちらに降ってきました。ものすごくリアルでした。

私たちの前を走っていた車に乗っていた人たちは突然の出来事で道路の脇に吹き飛ばされたのだからわけがわからなかったと思います。

そしておそらく、向こうからぶつかってきた車の運転手も、自分の車が突然スピンしたのですから何が起こったかわからなかったと思います。

目の前で見ていた私たちも一瞬何が起こったかわからなかったのですから。

  

  

交通事故 目撃
目次へ戻る