交通事故 目撃
交通事故を目撃した時の話 戻る

台風接近で風の強い日でした

  

今から何年も前の話ですが、交通事故を目の前で目撃したときのことを記します。

交通事故に遭ったことがある人や、見たことがある人ならわかると思いますが、実際に目にしたときは交通事故とはこんなに恐ろしいものなのかと思い知らされました。

私は当時小学生。
それは台風が接近していた夏休みのある日のことでした。

その日は風も強く、叩きつけるような雨が降っており、とてもじゃないですがわざわざ外に出かけるような日ではありませんでした。

しかしその日は、家族で外食するということでお店に予約を入れてあったのです。

天気も相当荒れているし、無理に行きたくないならばキャンセルすればいいことなんですが、台風の影響で雨は降ったりやんだり。ちょうど出かける時間には雨はやんでいました。

というわけで、家族で車に乗ってお店に向かいました。

これから交通事故を目撃することも、その事故に巻き込まれそうになることも知らずにお腹をすかせて早くおいしい料理が食べたいなーなどと思っていました。

  

  

交通事故 目撃
目次へ戻る