交通事故 目撃
交通事故を目撃した時の話 戻る

タイヤを溝にはめた話

  

狭い車庫がありまして、そこに車を入れようとしていたときのことです。

車庫の入口の近くで、見知らぬ車が止まっていました。
ときどきあることなので慣れてはいますが、あんまりうれしくありません。

誰の車か知りませんけど、ぶつけたら厄介なのでうまい具合によけながら車庫にいれなければなりません。とても入れにくい。

でも、今までにもこういうことはあったので、だいたいの感覚はつかめます。がんばって慎重に車庫入れをしていました。

ところが!

ちょっと大回りしすぎたため、道路からタイヤがちょっとはみだしてしまいました。

そのままズドン!!

タイヤが溝に落ちました。
落ちた瞬間、あ〜あ、やってしまった。と意外に冷静。

まわりを歩いていた人の視線が集まって恥ずかしい。
でもその人たちのおかげで何人かが手伝ってくれて車を持ち上げることに成功しましたので感謝です。

  

  

交通事故 目撃
目次へ戻る